見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

脱毛日前後のアルコール、うっかり飲むと肌トラブルで苦労します

エステやクリニックで、脱毛前後にはお酒を飲んではいけないと言われています。
それでも習慣になっていることは、ついうっかりやってしまうものです。
脱毛と飲酒には、どのようなつながりがあるのでしょう。

1.脱毛と飲酒の関係

お酒を飲むと、ぽかぽかと体があたたかく(暑く)なってきます。
これは、血行がよくなることで体温が上がるためです。
この体温が上がることが、脱毛前後の肌にとっては危険になります。

脱毛とは、強いレーザー光が肌の奥の毛根に熱を伝えて、毛が生える細胞に刺激を与えていきます。
肌の奥での出来事なので、表面的には何の変化もありません。
むしろ、脱毛に行ったのにその場で毛が抜けないで帰ってくるので、そちらのほうが心配になるくらいです。

ところが、脱毛の施術によって、肌表面はかなりのダメージを受けることになります。
照射後しばらくすると、肌が急激に乾燥する方がいると思いますが、これは、照射の効果があったと言ってよいと思います。

乾燥した肌は、ほんの少しの刺激にも過敏に反応します。
いつも通りのメイクでも、指やスポンジを肌にすべらせるだけで、肌にとっては大きな刺激となってしまいます。
また、下着がすれて、肌に刺激を与えることもあります。

このように、脱毛の施術を受けると肌が急激に弱くなるため、その前後で注意をしなければならなくなります。
肌荒れした状態を放っておくと、次の施術ができないこともあります。

さて、お酒を飲むことによって体温が上がると、ただでさえ脱毛の施術による熱で弱っている皮膚の表面や皮膚の奥に対して、さらなる強いダメージを与えることになります。
そのため、脱毛後にはできるだけ体温が上がらないように、アルコールを控えなければならないのです。

2.脱毛時の飲酒で体に現われる症状

脱毛前後にうっかりお酒を飲んでしまっても、体に症状が出ないときもあります。
ところが、お酒を飲むことによって体温が上がると、体に痒み(かゆみ)が出てくることがあります。

脱毛をして、いつもとは違う過剰な刺激を受けている肌は、さらに痒みを感じやすくなってしまいます。
体温が高いのでこの痒みはなかなかおさまらず、がまんできずに掻いて(かいて)しまうと、さらにがまんができなくなります。

かゆいところを1度掻くと止まらなくなってしまい、肌が真っ赤くなって血がにじむまでかじり続けることになってしまいます。
痒みは、肌が乾燥しているとさらに激しく感じられるようになってしまいます。
そのため、お酒を飲んでいなくても、乾燥した肌はすぐに痒くなってしまうので、脱毛中は常に肌の保湿を心がけましょう。

3.脱毛前の飲酒

「会社の仕事が終わって脱毛までに時間があるから、食事のついでにうっかり軽く一杯ワインを飲んでしまいました」

脱毛前の飲酒は、絶対厳禁です。
お酒を飲んだ状態で脱毛に出かけると、おそらく施術は中止になると思います。せっかく行っても施術ができなくて、しかも脱毛回数1回分の消化になってしまうと、それほどもったいない事はありません。

脱毛前には、直前だけではなく、前日からお酒を控えるようにしましょう。
お酒は、体に12時間くらい残っていると言われているようです。
前日の夜に飲んで次の日の夜に脱毛であれば何とか間に合いますが、どんなにお酒が好きな方でも、できるだけ脱毛の前日はがまんをしましょう。

4.脱毛後の飲酒

毎日お酒を飲む習慣がある方は、いつものように脱毛の帰りにコンビニでビールを買って、いつものように飲んでしまうのではないでしょうか。
そして、飲んだ後でしまった!と気が付くようですが、運がよければ何の変化も現われないようです。

ところが人によっては、脱毛で刺激を加えた毛穴の部分を中心にポツポツと赤くなり、少し盛り上がってきます。
それだけであれば次の日に赤みは引きますが、痒みが加わると、がまんができなくなります。

脱毛後の肌は、一皮むいたくらいに刺激を受けやすい状態になっているので、痒みが出たら急いで痒い部分を冷やして、保湿をして絶対にかじらないようにしましょう。
痒みを紛らわせるためにもう一杯などとは、言語道断の行為です。

5.脱毛後に気をつけたいこと

脱毛後に気をつけたい

脱毛前後のアルコールは、体温が上がるため飲んではいけないことがわかりました。
そうなると、アルコール以外でも体温が上がるようなことには気をつけたほうがよいということになります。

いつも通りのトレーニング

ヨガやジョギング、筋トレなどが習慣になっている方は、脱毛当日だけはお休みをしましょう。
体を動かすことによって汗をかき、肌を刺激することがあります。
さらには体温が上がり、アルコールを飲んだときと同じような状態になってしまいます。

脱毛後は、とにかく体を必要以上に温めないことと、必要以上に保湿をするように心がけましょう。

入浴

お風呂に入ることも、体温上昇につながってしまいます。
しかも、湯船の中には雑菌がたくさんあります。
肌の状態がよければ全く問題ない雑菌でも、毛穴にダメージを負っている場合ではちょっとした雑菌が毛穴に入り込み、炎症を起こすこともあります。

また、熱すぎるお風呂は肌に対してさらなる乾燥を引き起こします。
脱毛当日は、ぬるめのシャワーをさっと使い、いつものように体をゴシゴシ洗うこともやめておきましょう。
そしてシャワー後は、しっかりと保湿を心がけましょう。

翌日の日焼け

脱毛をしてその日の夜はお酒をがまんして、さっとシャワーを浴びてやれやれこれで一安心、ではありません。
翌日の紫外線にも気をつけなければなりません。

紫外線は目に見えないので、肌にどれくらいのダメージを与えているのかがわかりにくいのですが、脱毛後に直射日光に当たり続けると、あっという間に真っ赤になり、ひどい時にはただれてしまうこともあります。
一度顔がただれると、ノーメイクの状態で1か月は病院に通わなければならなくなります。

普段日焼けをしないように気をつけている方でも、脱毛後には日焼け止めクリームを重ね塗りしたり、できるだけ外出を控えるようにこころがけましょう。

6.家庭用の脱毛器でもアルコールの注意が必要

家庭用の脱毛器とは、ムダ毛にふと気がついた時に思い立って使用するものだと思います。比較的くつろいでいる時間帯に脱毛しようと思い立つのでしょうから、ひょっとするとビールを飲みながら脱毛してはいませんか?

家庭用の脱毛器でも脱毛の仕組みは同じなので、毛穴に強いダメージを与えることになります。
エステやクリニックと同じように、家でも脱毛の前後の飲酒や入浴は控えましょう。
家で脱毛しようと思い立った時には、前日にお酒を飲んでいたかどうかを確認してから使いましょう。

7.まとめ

数か月に一度しか行かない

数か月に一度しか行かない脱毛では、やってはいけないことをすっかり忘れてしまいます。
いつもと同じ気持ちで飲み会に出かけて、散々飲んだ後次の日が脱毛だったと気がついても、ちょっと遅過ぎるかもしれません。

いちおう、飲んでから12時間以上空いていれば施術ができるようですが、エステやクリニックによっては断られることもあります。
脱毛期間中は、常に脱毛のことを頭において、脱毛の予定が入っている日の前後では、とりわけ注意をして予定を組むようにしましょう。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031