見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

脱毛すると産毛が濃くなる?硬毛化の原因と対策を知ってなめらか肌に

脱毛でうぶ毛が濃くなる

脱毛に通っているのに産毛が濃くなるのは悲しすぎますよね。

せっかくお金を払って脱毛にきているのにどうしてこうなるの?
脱毛することはできないの?
と不安に感じている人も多いはずです。

大丈夫です、濃くなってしまっている部分もしっかりと脱毛することが可能です。

濃くなっている部分はどのように対処すれば脱毛できるのか、どのくらいで脱毛が可能なのかを以下でご紹介していきます。

ツルツルでムダ毛のない美しい肌を手に入れた方は読み進めてください。

1.脱毛で産毛が濃くなったときの対処法

脱毛を目的としてお金を払って通っているのに産毛が濃くなっては意味がないですよね。

このまま脱毛できなかったらどうしようかと不安になる方も多いのではないでしょうか。

どのように対処していけば濃くなった部分も脱毛できるのかをご紹介していきます。

1-1. 脱毛機器の種類(波長)を変える

対処法の1つとして「脱毛機器」を変えてみる方法があります。

脱毛の中にも数種類の脱毛機器があり、それぞれ脱毛時に毛穴を刺激する波長が異なります。

波長が異なると脱毛効果にも違いが出てくるため、濃くなった毛にも効果が期待できるからです。

1-2. 熱量を調整する

しかし、違う脱毛機器のあるところで新しく契約をするのは金銭的にも時間的にも難しい方も多いですよね。

その場合は、同じ脱毛機器でも毛質に合わせて熱量を調整してみる方法があります。

しかし、乾燥や日焼けをしているなど肌状態が悪いと熱量を調整できないこともあります。

毎日継続した日焼け対策とたっぷりの保湿を行い、脱毛しやすい環境作りをしていきましょう。

1-3. ニードル脱毛と組み合わせてみる

痛みが強いといわれているニードル脱毛ですが、しっかりと脱毛を行うことができる方法です。

レーザー脱毛で濃くなってしまった部分でも、ニードル脱毛で毛穴に刺激を与えていけば脱毛していくことが可能です。

1つ1つの毛穴に施術を施していくので時間がかかるニードル脱毛ですが、レーザー脱毛と組み合わせることで負担になるほどの長時間のお手入れにならずに済みます。

2.脱毛中に硬毛化の現象が現れたら?
ツルツルの肌に憧れて勇気を出して脱毛を始めたのに部分的にでも毛が濃くなってしまっては憤りを感じますよね。

脱毛に通っている最中に硬毛化に気付いた場合、どうすれば良いのでしょうか。

2-1. 個人差はあるが脱毛の回数が増える可能性が高い

脱毛以前の毛量や毛質から考えて、完了までの回数を予想していたのに脱毛の途中で毛が濃くなった場合、完了までの回数が多くかかってしまう可能性が高くなります。

施術を受ける場所によりますが、レーザー脱毛を受けられるクリニックであれば医者が状態を確認してくれるはずです。

施術後に毛が濃くなったと感じた場合は早めに相談しましょう。

2-2硬毛化が保証されているプランもある
契約するところによって異なりますが硬毛化した場合、契約回数を増やしてくれるなどの保証があるプランを用意しているところもあります。

契約前は料金や通いやすさを重視して選びがちですが、このようなサポートが充実していて安心して通うことができるところを選ぶことも大切です。

硬毛化に対してもサポートがしっかあるところで契約しておけば、安心して通い続けることができますよね。

3. 産毛を自己処理するときの注意点

脱毛している間も毛が気になって自己処理をすることもありますが、どのようなことに注意して自己処理を行なえばよいのでしょうか。

日頃の自己処理時の注意点をご紹介していきますので、参考にしてみてください。

3-1. カミソリ負けを起こさないようにする

脱毛中も自己処理をする機会があるはずですが、そのような場合はできるだけ肌に負担をかけない自己処理方法を心がけてください。

なぜならば私たちの毛は本来、肌を外部刺激などから守るために生えています。
そのため、自己処理で肌に刺激を与えてしまうと毛が濃くなるリスクが高くなってしまうからです。

自己処理方法で1番多いカミソリを用いた方法では、カミソリを菌が繁殖しやすい湿度の高い浴室などで保管をしないことや、4枚刃・5枚刃で深剃りできる構造になっているため同じ場所に何度もカミソリの刃をあてないようにするなど、カミソリ負けを起こさないようにしましょう。

3-2. 顔は紫外線のリスクを考えて朝に剃らない

自己処理の際の刺激だけではなく、紫外線なども肌にとっては刺激になります。

メイク前に顔剃りをしたくなりますが、毛を剃ってしまうことで肌に直接紫外線を浴びてしまいます。

紫外線の影響も考慮して、朝顔の毛を剃るのは控えるようにしてください。

また、紫外線がシミやシワ、たるみなど肌の気になるトラブルの8割の原因ともいわれています。

脱毛が完了してもシミやシワだらけでは悲しいですね。

キレイな肌でいるためにも日焼け止めに日傘、UV用品などを活用して紫外線対策は万全にしていきましょう。

3-3. 肌の弱い部分に腕や足用の除毛クリームは使わない

広範囲を一気に処理することができるので手軽な除毛クリームですが、毛と一緒に肌表面も溶かしてしまいます。

そのため、肌が弱い人が使用すると赤みやかゆみなど炎症が起きてしまう可能性があります。

また、腕や足で使用して問題がなくても皮膚が薄いお腹や腕の内側などのデリケートな部分は炎症が起きてしまう場合があります。

除毛クリームの注意書きにも記載があるはずですが、腕や足用の除毛クリームを他の部分で使うことは控えてください。

せっかく毛がなくなっても赤くなっていたり、かゆみがあったりそれが原因で黒ずみなどになってしまったりしてはイヤですね。

その他にも気になったときに使ってしまいがちな「毛抜き」は脱毛に通っている間は毛周期が乱れて効果が出なくなってしまう恐れがあるため、控えてください。

サッと抜けて、生えるまで間隔があくので人気の毛抜きですが、無理に引っ張って抜くため炎症になりやすいなど、リスクが高い自己処理方法です。

大事な肌をキレイに保つためにも自己処理方法は気を付けたいですね。

4.硬毛化とはどんな現象?
そもそも硬毛化とはどのような現象なのでしょうか?
硬毛化について説明していきます。

4-1. 硬毛化は毛が太くなる現象

硬毛化とはレーザー脱毛によって本来であれば脱毛効果が得られるはずなのに、毛が濃くなったり硬くなってしまう現象のことをいいます。

硬毛化の他にも毛穴が活性化してしまい、脱毛前よりも毛が増えてしまう増毛化という現象もあります。

4-2. 硬毛化の原因は科学的に解明されていない

せっかく脱毛してるのにそんな現象が起きるなんて信じられないと思う方も多いのではないでしょうか。

残念ながら現状では硬毛化が起こってしまう事例が多く報告され、原因が分かっていません。

通常であればレーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応して熱へ変換されて毛根と毛包を破壊することで脱毛効果を生み出すはずです。

しかし、なんらかの理由で脱毛に効果的な熱には変換されずに毛根周辺組織が活性化して、硬毛化が起きてしまいます。

特に毛が細い、「肩、背中上部、うなじ、二の腕、ひざ、顔まわり」部分は弱い熱量で施術を行うことが多いためか濃くなりやすい部分といわれています。

これは毛質に合わせて弱い熱量で施術を行うことにより、毛のサイクルが活性化されるのが原因ではないかと推測されています。

逆にワキやヒゲなどの濃い毛が生えている部分では硬毛化が起こりにくいといわれています。

硬毛化が起こりやすいといわれているのは脱毛の施術後1ヶ月~3ヶ月後が多いです。

施術後のその位の時期に毛が濃くなったように感じた場合は注意が必要です。

不安なことがあればすぐに通っているところに相談してみることをおすすめします。

まとめ:脱毛機器の種類が充実したサロンやクリニックを選ぶ

現状では脱毛をしていても硬毛化する可能性があります。

脱毛の契約をする際は脱毛機器の充実しているところや、硬毛化したときにもしっかりとサポートを行ってくれるところを選ぶと安心です。

また、自己処理や紫外線、乾燥など肌に刺激やダメージがあると守ろうとして毛が濃くなるリスクも高まります。

できる限り肌に負担がかからない生活を心がけるようにしてください。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31