見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

脱毛エステサロンやクリニックの正しい選び方 主なポイントは3つ!

脱毛エステサロンやクリニック

脱毛エステやクリニックを選ぶときに注目する点は3つあります。

●料金
●痛み
●脱毛期間

脱毛は長い時間がかかります。
1回の施術時間はそれほど長くはありませんが、2~3か月おきに数年間通うことになります。

エステを選ぶときにこの3つの条件さえ合えば、他のことは目をつぶることもできるかもしれません。

脱毛エステやクリニックは、一度選んだらできるだけ同じところに通い続けるほうが余分なお金がかかりません。

それでは、3つの条件についてひとつずつ説明をしていきましょう。

1.料金

脱毛で一番重要な点は、自分が希望している部位の施術に一体いくらかかるかということでしょう。

脱毛にかかる料金には、次のようなものがあります。
●脱毛の施術料金
●分割払いによる金利手数料
●シェービング代
●予約キャンセル料
●うち漏れによる再照射代
●中途解約する時には解約手数料
●交通費
●エステ脱毛では、やけどなどのトラブルがあった際の医療費

クリニック脱毛の場合は、このほかに次の項目にも料金がかかってきます。
●初診料
●再診料
●麻酔料金
●トラブル時の薬代

最近では、脱毛エステでもクリニックでも脱毛の施術料金以外は一切かからないところが増えてきました (クリニックの麻酔料金はかかります)。

しかし、施術料金以外はそのつど支払うため、合計でどのくらい支払っているのかがわかりにくくなります。

脱毛の料金に関しては、ホームページ上で、できるだけ高額に見せないような努力をしている脱毛サロンやクリニックがとても多いような気がします。

そのよい例が「月額払い」です。

月額払いは、時には30万円以上にもなる脱毛料金を24回払いから60回払いに分割したときの月々の支払い料金が掲載されています。
合計30万円を一度に支払うことがむずかしいとしても、月々の支払いが1万円前後であれば、全身脱毛を受けようという気になるかもしれません。
月々の支払いにすると金額が少なくなるので、合計金額には目がいきにくくなります。しかし、脱毛に30万円も40万円も支払う価値があるのかどうかもよく考えましょう。

脱毛にはキャンペーンがたくさんあります。
新規のお客さんを集めるために、ほとんどの方が希望しているわき脱毛を、びっくりするほどの低価格にしているところも目立ちます。
低額のキャンペーンに乗ってわき脱毛をスタートすると、女性の心理として他の部分の脱毛もやってみたくなるものです。

このとき、コースが余りにも多すぎて、どれを選んでよいのかがさっぱりわからなくなり、スタッフに勧められるがままのコースを契約することになります。

何もわからないでスタッフの話を聞くのと、ある程度の脱毛コースの知識を持った上で聞くのとではだいぶ違います。
まずは、今自分はどの部位を脱毛したいのかをしっかりと決めて、その希望に沿ったコースについて考えていきましょう。

わき脱毛+α

メインをわき脱毛にして、腕や脚など人目につく部分の脱毛を希望する場合には、まず先に、超安いエステやクリニックでわき脱毛だけをやるとよいでしょう。
そして、わき脱毛とは別に、腕や脚のコースが安いエステやクリニックを探すとよいでしょう。

VIO

わき脱毛のあとにVIOを希望する方は、コースがたくさんあるので注意をしましょう。
Vに関しても、脱毛の範囲が細かく分れているエステもあります。

全身脱毛

全身脱毛は高額なのですが、エステやクリニックでは何とか手の届く範囲の料金で脱毛ができるように、さまざまなコースを作っています。

全身脱毛のコースでは、顔脱毛とVIO脱毛が入るか入らないかで大きく値段が変わってきます。
一番安い目につくコースは、顔もVIOも入っていません。

どんなに低料金で有名なエステでも、髪の毛と眉毛とまつげ以外、全身360度の脱毛を行なうには、かなりの金額になります。

また、月額払い制のエステの中には、全身を4つのパーツに分けて、1回につきひとつのパーツのみを施術していき、1年かけてようやく全身360度を1回終わらせるというところもあります。

脱毛は、1回では終了しません。

エステでの脱毛では、10回は通わないと満足できる程度の脱毛ができません。
先程のエステでは、1年で全身をまるまる1回施術していくので、全身10回の施術には、なんと10年かかってしまいます。
このように、値段が安いとそれなりの施術方法になってしまうので、全身脱毛の場合はしっかりと調査をする必要があります。

脱毛の料金はなかなか比較がむずかしいのですが、気になるエステやクリニックの施術箇所や料金を紙に書き出して比較するとよいでしょう。

脱毛エステとクリニックの料金の違い

最近は美容クリニックの数が増えてきたため、お医者さんだからと言ってあぐらをかいた商売はやりにくくなっているようです。
そのため、医者というプライドを脱ぎ捨てて、キャンペーンを使って低価格で脱毛するクリニックも増えてきました。

しかし、一般的にはクリニックのほうがエステよりも脱毛料金は高額になります。

これは、クリニックの施術は、お医者さんと看護師さんしか行なうことができない専門的な作業になるからです。
また、クリニックでは、出力の大きいレーザー脱毛器を使うため、一台の脱毛器が高額になります。
さらに、この高額で出力の高い脱毛器で施術を行なうことによって、永久脱毛が可能になるため、脱毛エステとは比べものにならないくらいの高い効果を期待することができるので、どうしても高額になってしまいます。

脱毛をするにあたって料金を優先的に考える方は、まずはクリニックかエステかのどちらかを選びましょう。
安上がりに済ませたい方には、エステの脱毛をおすすめします。
また、多少料金が高くても永久脱毛の効果を望む方には、クリニックでの脱毛をおすすめします。

クリニックからエステかどちらかが決まったら、次は施術料金について比べていきましょう。
自分が脱毛を希望している部位の合計金額と、施術回数を比較してみましょう。
施術回数は、クリニックでは5~6回程度、エステでは12回または18回がおすすめになります。
安いからといって3回コースを選ぶと、絶対に追加をしなければならなくなり、かえって高くつくことがあります。

合計金額と回数で、エステやクリニックが数店舗に絞られたと思います。
次は、施術以外にかかる料金について調べていきましょう。
キャンセル料やシェービング料がかかるところでは、細かな出費が重なります。
できるだけ、施術料金以外は無料となっているところを選びましょう。

もう少しうるさいことを言うと、エステにはクーリングオフ制度があるので、うっかり契約をしても8日以内であれば全額返金されます。
ところが、クリニックは病院なので、クーリングオフ制度がありません。
そのため、その場の勢いで契約をしてしまうと、返金をしてもらえなくなる可能性があります。

ほとんどのクリニックでは、一度支払いを済ませると、返金がないので気をつけましょう。

最近では、中途解約制度の保証をしているクリニックも出始めてきたので、支払いが難しくなったり痛みにがまんができないときには便利です。
一応その点も頭に入れておきましょう。

2.痛み

脱毛と言うと値段が高い痛み

脱毛と言うと、「値段が高い」「痛み」の2点がすぐに思い浮かぶと思います。

脱毛で痛みが発生するには理由があります。

脱毛は、特殊なレーザーが黒い毛の色であるメラニン色素に当たると、毛根の奥に強い熱を伝えます。
この熱によって、エステでは毛根の力を弱めて、クリニックでは毛根の細胞自体を破壊していきます。
このときの瞬間的な高い熱が、痛みとなって現われてしまいます。
そのため、特にクリニックでは、痛みが強いほど効果が高いと言われています。
クリニックで痛みのない脱毛を宣伝しているところでは、医師がうそを言っているか、脱毛器の出力を弱くしてあまり効果のない脱毛を行なっているかのどちらかです。

痛みに関しては、ホームページで、脱毛には痛みがあることをはっきりと書いているクリニックが一番信用できるといってよいでしょう。

最近では、痛みを抑える従来とは違う方法の脱毛器が登場しています。
クリニックで「メディオスターNeXT」や「ハヤブサ」という脱毛器を使っているところでは、痛みの少ない脱毛を受けることができます。

クリニックでは、痛みが強い方に対しては、麻酔を使って施術を行なっていきます。
麻酔には、クリームを塗る表面麻酔と笑気ガスを吸い込む笑気麻酔の2種類があります。
クリニックによって使用する麻酔方法が異なるので、その点もチェックをしておきましょう。

脱毛エステでは、クリニックほどではありませんが、やはり施術中の痛みはあるようです。

エステでは医療行為となる麻酔を使うことができないので、冷やすことで痛みに対する対策を取っているようです。
施術前に冷却ジェルを塗って肌の保護をすると共に、施術部分を冷やしてマヒをさせてから照射を行なっていく痛み対策がメインになります。
エステによっては、保冷剤を施術部分に押し当ててから照射を行なうところもあり、あまりにも冷やしすぎて、そちらのほうが苦痛だという声も聞かれます。

脱毛の痛みは人によって感じ方が大きく違いますが、脱毛するからには、痛みを伴うと思っておいたほうが良いかもしれません。

ここで、痛みに関する口コミをいくつか紹介しておきましょう。

評価〇 20代女性(クリニックで脱毛)
脱毛は痛いと聞いていましたが、早く終わらせたかったので、クリニックを選びました。
最新の機械で痛くない脱毛ができると言われたので、それに期待をしていたのですが、本当にほとんど痛みを感じませんでした。
さすがにVIOは多少痛かったのですが、大騒ぎするほどではなく、不快に感じる程度で終わりました。
クリニックの脱毛でも痛くない器械があるので、痛みが怖い方はそちらを選ぶとよいと思います。

評価〇 30代女性(エステで脱毛)
初めは緊張しましたが、痛みはほとんど感じませんでした。
脱毛は痛いと言われているようですが、なぜそんなに痛いと言うのか聞いてみたいくらいです。
施術中は暇なので、ウトウトとしているかスタッフさんと話をしているかのどちらかでした。
むしろ、冷却ジェルのほうが冷たすぎていやでした。

評価× 30代女性(クリニックで脱毛)
脇とVIOがあまりにも痛くて、思わず声が出てしまうくらいでした。
1回の痛みならがまんもできますが、何回も続くので大変でした。
一度麻酔クリームを使ったこともありますが、ほとんど効かなかったので、2回目からは使いませんでした。
3回目からは毛の量が減ってきたので、痛みが楽になってきました。
痛みに慣れてきたのかもしれません。
脱毛は痛かったですが、脱毛終了後1本の毛も生えてこないのでがまんをしてよかったと思います。

評価× 20代女性(脱毛エステで電気脱毛)
永久脱毛をしたかったので、エステで電気脱毛を受けました。
細い針でひとつひとつの毛穴をつぶしていきますが、脇は大丈夫でしたが、脚のすねは超痛かったです。
うんうんとうなりながら、全身汗だくでがまんをしました。
施術終了後には、シーツがびしょ濡れになっていたくらいです。
それでも何とか痛みを乗り越えて、すべての回数を消化しました。
痛いと言っても、切り刻まれたりえぐられるような痛みではないので、何とかがまんしようと思えばできるものだと思いました。

3.回数

脱毛のコースは、回数によって値段が大きく変わってきます。

大きく分けると1回、3回、5~6回コースがあり、これにエステでは12回、18回コースが加わります。

どこのクリニックでもエステでも、1回限りのコースは猛烈に値段を高く設定しているので、このコースを選ぶ方はいないと思います

脱毛をできるだけ安上がりに済ませたいからといって、3回コースを選んでしまうと後が大変になります。

エステでもクリニックでも、脱毛は絶対3回では終わりません。
わき脱毛で例えると、クリニックでは満足できるまでに5~6回、エステでは10回以上通うことになります。

クリニックで3回コースを選んでしまうと、もう一度3回コースを追加しなければならなくなります。
エステでは、標準的な回数は12回になっています。
エステで6回コースを選ぶと、さらにもう一度6回コースを追加しなければならなくなります。
12回通うと、ほぼ80%の毛がなくなると言われています。
後の20%を自己処理していくか、それが面倒であれば、始めから18回コースを選ぶとよいでしょう。

クリニックでは、1回施術を行なったところからは二度と新しい毛は生えてこないので、5~6回のコースが終了すると、ほとんどツルツルになります。

エステとクリニックでは、脱毛が終了するまでの回数が大きく違うので、通う期間も違ってきます。

クリニックでは、5~6回通うのに1年から1年半かかります。
それに対して、エステでは2年から3年はかかってしまい、毛の量が多い方や毛が太い方は、4年以上かかることもあります。

まとめ

若い方にとっては、脱毛が

若い方にとっては、脱毛が人生初めての高額の支払い(買い物)になるかもしれません。
それだけに、絶対失敗はしたくないので、一度決めたらそこのエステやクリニックに通いきることができるように、慎重に選んでいきましょう。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031