見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

毛深いと悩むあなたへ~毛深くなる原因を考えて前向きに改善

毛深いと悩むあなたへ

毛深いのは遺伝?

男性で、ハゲるのは遺伝だといわれていますが、母方の祖父の影響を大きく受けるタイプの遺伝だそうです。
同じように、毛深いのにも遺伝的な面があるそうです。
でも、私の両親や叔父や叔母で、毛深い人はいないのだけれど……。

そうなのです。体に生える毛は隔世遺伝をするので、両親の毛が濃くなくても、祖先に体毛の濃い方がいた場合、それが遺伝する可能性があります。
つまり、何世代も前の祖先までさかのぼるということは、誰もが体毛が濃くなる可能性があるということなのです。

そう考えると、体毛が濃い方は世の中にはたくさんいて、あなただけではないということになります。
また、毛穴の数は生まれてきたときに決まると言われています。生まれつき毛穴の数が多い方は、必然的に毛の量も多くなります。

毛深い理由は遺伝以外にもある?

毛深い原因は、遺伝だけでは済まされないこともあります。遺伝以外で考えられることは、ホルモンのバランスが乱れていることや、食生活や生活環境にも起因しているようです。
生まれつき毛が濃いわけではなく、だんだん毛の色が濃くなってきたり毛深くなってきた方は、このようなことが原因かもしれません。

たとえば、女性でも40歳を過ぎる頃になると、女性ホルモンが減ってきます。
女性ホルモンが減ると、男性ホルモンのバランスが大きくなり、髪の毛の量が少なくなってきます。
このように加齢によって、また、自律神経の乱れや食生活の乱れによって、ホルモンのバランスが大きく変化すると体毛の状態も変化してしまいます。

毛深いことによるメリット

毛深いことに

毛深くて、毛の量が多いことが欠点だと思って、くよくよしている方がいるかもしれませんが、人間はないものねだりをするものです。
先程の話で、更年期を過ぎ女性ホルモンが減ってくると、髪の毛の量が減り、一本一本も細くなり、コシがなくなってきます。こうなると、部分的なカツラをつける方も出てきます。

若い頃は毛深くて悩んでいても、人は歳をとってからの方が長く生きることになります。
歳をとってから髪の量が豊かな方は、うらやましがられます。
そう思えば、毛深いこともメリットになります。

後天的な毛深さの改善方法

ストレスや食生活によって毛深くなってしまった方は、改善することができます。
改善方法は、毛の量や濃さだけではなく、ダイエット面や健康面においても良い効果を発揮するので、やってみて損はないと思います。

植物性の脂肪を多く摂る

動物性の脂肪(肉や乳製品)を食べ過ぎると体内にたまり、男性ホルモンや女性ホルモンに影響を与えてしまいます。
コレステロールは悪者扱いをされますが、ホルモンの生成にとっては、欠かすことのできない大切なものです。

ホルモンは、コレステロールからテストステロンという男性ホルモンになり、それから、エストラジオールという女性ホルモンになっていきます。
そのため、質の良いコレステロールを増やしていく必要があります。
動物性の脂肪よりも、魚や植物性の脂肪をたくさん摂るように心がけて、善玉コレステロールを増やして、さらに女性ホルモンを増やしていくようにしましょう。

大豆製品を意識して摂取する

大豆にはイソフラボンが含まれています。
イソフラボンには、女性ホルモンの代わりになる働きがあります。
そのため、大豆製品を多く食べるように心がけましょう。

お豆腐や納豆や豆乳、みそ汁などには、イソフラボンが豊富に含まれているので、お豆腐や納豆やみそ汁は毎日三食のどこかで食べるようにして、豆乳は牛乳の代わりに飲むと良いでしょう。
ただし、豆乳にはイソフラボンが多く含まれているので、飲み過ぎには気をつけましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを溜めると、自律神経が乱れホルモンバランスも崩れてきます。
現代社会では、自律神経が乱れやすいことが問題になっています。
昼間は交感神経が優位となる必要がありますが、デスクワークで体を動かさないことによって体がリラックスモードになってしまい、副交感神経が優位になってしまいます。

副交感神経は、リラックスできる働きがありますが、昼間からリラックスしてしまうと体の中では調子が悪くなってしまいます。
昼間はできるだけ活発に動き、夜は携帯をあまり操作しないようにして、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えをスムーズに行なうようにして、ホルモンバランスを整えていきましょう。

毛深い方の脱毛方法

毛の量が多いと脱毛に時間がかかりますが、黒い毛は脱毛機器に反応しやすいため、脱毛の効果が上がります。
クリニックなどの医療機関で脱毛を行なうと、値段が高いですが永久脱毛が可能です。
一方、エステで脱毛を受けると、器械の出力が弱いため再び生えてきてしまう可能性もあります。

腕や脚など、毎日人目にさらされる部分は医療クリニックで脱毛を行ない、普段見えない背中やお腹などは低価格の脱毛エステで行なったり、家庭用の脱毛機を使うなどして、脱毛部位によって脱毛方法を変えると良いと思います。

また、すべての毛を脱毛しなくても、半分に減らすだけでも腕や脚はスッキリします。
お財布としっかり相談をして、エステやクリニックの勧めに流されないように気をつけましょう。

まとめ

毛深いことは決してデメリットでは

毛深いことは決してデメリットではありません。むしろ、毛が薄い方の方が悩みは大きいと思います。
気になる部分を永久脱毛してしまえば悩みはなくなるので、できるだけお金がかからないような方法を考えましょう。
毛深いことで悩んでいるよりも、早めに脱毛をして毎日を楽しく過ごすほうがずっと良いのではないでしょうか。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031