見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

埋没毛で悩んでいます.。クリニックと脱毛サロンどちらもOKかしら?

埋没毛で悩んでいます

大丈夫です 安心しましょう

大丈夫って、一体何が大丈夫なのでしょうか?
クリニックでも脱毛サロンでも、どちらでも埋没毛の対応をしてくれるので安心しましょう。

クリニックや脱毛サロンでの脱毛方法は、黒い毛のメラニンにレーザーを当てることによって、黒い毛の部分に熱を持たせて毛根を破壊していきます。
毛根が破壊されるため、その部分から二度と新しい毛は生えてこなくなります。

ただし、エステでの脱毛は、機器の出力が弱いため毛根を完全に破壊するには至らず、「新しい毛が生えてくる力を抑える」としています。
埋没毛も黒い毛なので、きちんとレーザーに反応して、毛根に熱を伝えることができます。
したがって、埋没毛の脱毛もきちんと成功するので安心しましょう。

でも、そもそも埋没毛って何なのでしょうか?

埋没毛とは

ムダ毛の処理をするとき、かみそりを使う方法が一番安上がりで楽なのですが、毛を剃るときに、皮膚の表面も一緒に削り取ってしまいます。
ダメージを受けた皮膚は、今後強い刺激にも耐えられるように、古い角質をため込んでいきます。

すると、皮膚の表面がどんどん分厚くなり、ついには毛穴をふさいでしまいます。
毛穴がふさがれると、新しく生えてきた毛は、出口がなくなり行き場を失います。
そこで、皮膚の表面に顔を出せなくなった毛は、毛穴の周りでグルグルと「とぐろ」を巻いてしまいます。
これが埋没毛です。

埋没毛は、かみそりだけでなく、毛抜きで1本1本処理をしている場合にも多く発生します。
毛抜きで毛を抜くと、毛根周辺の皮膚はカミソリ以上のダメージを受けます。
そして、埋没毛もあちこちにできてしまいます。

電気シェーバーは皮膚に直接刃が当たらないので、ムダ毛の処理効果はやや落ちますが、皮膚への負担が少なく、埋没毛ができにくくなります。
ムダ毛の処理では、電気シェーバーを使うのが肌のためには一番安心な方法になります。

埋没毛ができたら

やっかいなことに、埋没毛はそのままにしておくと、色素沈着の原因になることがあります。
そのため、埋没毛を見つけたら、すぐに取り除くようにしたいものです。

自分で埋没毛を取り除くには、毛抜きやピンセットで皮膚の表面をこじ開けなければなりません。
埋没毛も、一生のうちに1度や2度できる程度なら良いのですが、皮膚の表面が固くなってしまうと、たびたび出てきてしまいます。

そのたびに皮膚に穴を開けて取り出すとなると、皮膚へのダメージが重なり、さらに肌表面が固くなってしまいます。
埋没毛は、放っておくとそのまま治っていきますが、皮膚の表面が黒々としている期間が長く、また色素沈着の心配もあるので、できれば早めに取り除きましょう。

たびたびできる埋没毛が気になる方は、ムダ毛の自己処理をやめて、脱毛をするほうがよいかもしれません。
ここで問題になるのが、埋没毛に対しては、クリニックの医療レーザー脱毛とエステの光脱毛のどちらがよりよいのかという点です。

一番初めにお答えしたとおり、エステでもクリニックでも埋没毛に対応することはできます。
それでは、エステとクリニックの大きな違いは何でしょうか。

エステの脱毛

痛みが少ない(ほとんどない)

エステの脱毛の特徴は、何と言っても「痛みが少ない」ことでしょう。
毛抜きで毛を引っ張る作業は、結構痛いものです。
自分でやるので痛みは半減しますが、同じことでも人にやられると痛いものです。

ところが、エステの脱毛方法は、レーザーによって毛根に熱を与えて弱らせていくやり方です。
エステのレーザーは、光脱毛といって、出力がそれほど大きくない機器を使うので、痛みがほとんどありません。

時々、パチッという程度の痛みがありますが、小学生でも泣かないので、ほとんど気にならない痛みです。
エステによっては「痛みは全くない」と言っているところもあるくらいなので、痛みに対しての恐怖心は持たなくても大丈夫です。

値段が安い

エステはライバル店が多いため、一年中キャンペーンや割引を行なっています。
脇の下はひんぱんに自己処理をする場所なので、埋没毛ができやすくなっています。
エステの脱毛は、脇の下は安い料金で設定されている場合が多いので、キャンペーンに乗ってみるのもよいと思います。

ただし、エステの脱毛は出力の弱い機器を使うため、脱毛が終了するのに長い期間がかかります。
2年以上かかると思っていてもよいでしょう。

クリニックでの脱毛

脱毛効果が高い

クリニックでは、医療レーザーを使って脱毛を行なっていきます。
医療レーザーは、エステの光脱毛に比べて出力が強いため、脱毛効果が高く、1回の施術で今生えている毛のほとんどの毛根を破壊することができます。
したがって、クリニックに通う期間も1年~1年半と、エステよりもかなり早い時間に終了します。

ただし、機器の出力が強いため、施術中には必ず痛みを伴います。
痛みは人によって感じ方が異なり、痛いけれども我慢できる方から、失神しそうなくらいの強い痛みを感じる方までいます。
しかし、医療脱毛は病院で行なわれるため、強い痛みを感じる方に対しては、麻酔の処置をしてくれます。

万が一の時が安心

脱毛後、毛根部分に赤いプツプツができたり、白い膿(うみ)のようなものができることがありますが、病院での脱毛なので炎症を抑える薬を処方してもらえます。
また、施術中にやけどをしてもその場で対処をしてもらえるので、クリニックでの脱毛は安心してお任せができます。

まとめ

今回は埋没毛について

今回は埋没毛について考えてみました。
埋没毛は、かみそりや毛抜きなどの自己処理でできやすいことがわかりました。
埋没毛ができたら、できるだけ早く処置をしないと色素沈着を起こすことがありますが、それには皮膚に穴を開けて、毛を引っ張り出さなければならないので、肌へのダメージが大きくなります。

脱毛をしてしまえば、二度と埋没毛に悩まされることはありません。
埋没毛は、クリニックでも脱毛エステでも処置をしてくれるので、安心してお任せできます。クリニックと脱毛エステには、それぞれメリットとデメリットがあります。
両者をよく見比べて、納得した上で脱毛を始めましょう。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031