見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

VIOの処理、どうしてる?デリケートゾーンのムダ毛の自己処理方法

脇や脚の脱毛を、エステやクリニックで行なうことは今や常識となりつつあります。
しかし、VIOの処理に関しては、友人ともなかなかオープンに話しにくいこともあります。
VIO処理の経験者もどこにいるのかわからず、話を聞くこともできないので、どれくらいの方がVIOの処理を行なっているのかもわかりません。
そこで今回は、ビキニラインやデリケートゾーン、いわゆるVIO部分の自己処理方法について調べてみました。

VIOの処理について

デリケートゾーンは、普段人に見られる場所ではありません。
そのため、脱毛をした方がよいのか、そのままでよいのかの判断がつかない人もおられるはず。
何もないときはよいのですが、彼氏ができて急なチャンスが訪れた時に、あわててしまうのも困ります。
また、普段の生活で、小さめの下着からはみ出す毛が気になることもあります。

海外では、デリケートゾーンをつるつるに脱毛してしまうのが一般的なようです。
毛がなければ蒸れることがなくなったり、毛によごれが着くことがないので、衛生面でもよいとされているようです。
しかし日本では、まだつるつるに脱毛するのにはかなりの抵抗があります。

そこで1つの考え方として、まずはビキニラインを、いかにもやりました的に不自然に整えるのではなく、下着からはみ出す部分だけを手入れしてみてはどうでしょうか。
下着からはみ出す毛がなければ、どんな時でも慌てることはないでしょう。

VIOの自己処理方法

VIOでムダ毛を処理しておくとよい場所は、一般的に言われているビキニラインです。
小さな下着を履くと、太もものつけ根の部分から毛がはみ出してしまいます。
普段の生活なら良いのですが、夏になり水着になると、はみ出した毛が注目のマトになってしまいます。
また、おしゃれな下着は股上が浅いため、下着の上の部分から黒々とした毛がはみだしてしまいます。

高級なレースがたっぷり使われた美しい下着をつけても、上から毛が出ていたら100年の恋も冷めてしまうでしょう。
そこで、ビキニラインだけを処理する方が多く見られます。

処理する部分

ビキニラインは、小さくすればするほど違和感を感じてしまいます。
そこで、下着のラインから1~2センチ内側に入ったところでまとめておけば、不自然な感じがなく、下着からはみ出すことがなくなるので安心していられます。

処理のしかた

自己処理の方法としては、毛が伸びてくるたびに、かみそりや毛抜きで処理をしていくのが一般的でしょう。
かみそりは、一直線のI型のものよりも、男性用のひげそりのようなT 字型のものの方が剃りやすく、また、安全に使えると思います。
剃り方は、狙った場所の皮膚をしっかりと引っ張りながら、ゆっくり少しずつ剃っていきましょう。

毛抜きで抜く場合も、毛穴の周りをしっかりと押さえて、毛を抜くときに皮膚が引っ張りあげられないように気をつけながら、ゆっくりと引き抜きましょう。
ムダ毛を剃ったり抜いたりする時には、できるだけ毛穴を開いている方がよいので、蒸しタオルで温めておきましょう。

そして、抜き終わったり剃り終わったら、今度は毛穴を引き締めるために少し冷やしてあげましょう。
毛穴を開きっ放しの状態にしておくと、そこからばい菌が入り、白い膿ができてニキビのような状態になってしまいます。
ひどくなると、病院に通わなければならなくなります。
デリケートな部分で、しかも汚れやすい部分なので、衛生面には十分気をつけましょう。

また、入浴のときに自己処理を行なう方もいるかもしれませんが、お風呂場は清潔なようで実は雑菌がたくさんいる場所です。
特に、湯船にはたくさんの菌が存在するので、お風呂に入って温めて汚れを落として、毛穴を開いた状態にして、お風呂から上がってから処理をするようにするとよいでしょう。

自己処理のメリットとデメリット

自己処理のメリット

デリケートな部分は、できれば自分でムダ毛処理をしたいものです。
自己処理のメリットとしては、好きな時に行えることと、費用がかからないことと、恥ずかしさがないことでしょう。
一方、自己処理のデメリットは、気をつけないとエステやクリニックでの脱毛ができなくなったり、炎症や痒みで病院へ行かなければならなくなることもあります。

色素沈着

同じ場所の毛を何度も剃ったり抜いたりしていると、色素沈着を起こし、毛穴の周りが黒くなってしまいます。
デリケートな部分は、ただでさえ色素沈着を起こしやすい場所なので、あまりにも色が濃くなりすぎると、今度はエステやクリニックでの脱毛が難しくなってしまいます。

なぜでしょうか。これには理由があります。
通常脱毛は、レーザー脱毛や光脱毛の方法で行なわれるからです。
この脱毛方法は、メラニンという黒い色素にレーザーを反応させ、黒い毛の部分にだけ熱を伝えて毛根の細胞を破壊していきます。

このとき、皮膚の色が濃いと皮膚にまでレーザーが当たってしまうため、脱毛が不可能になってしまうことがあるからです。
自己処理の回数が多いと、このように色素沈着をしてしまうので、これが最も注意したい点になります。

雑菌が毛穴に入りやすい

これは先程も説明をしましたが、毛穴から無理に毛を引き抜くことによって毛穴が開き、そこから雑菌が入り込んで化膿してしまうことがあります。
また、かみそりで何度も毛を剃り続けると、毛穴付近の皮膚までけずり取ってしまうことになり、皮膚が刺激を受けて色素沈着を起こしやすくなったり、雑菌が入りやすくなります。
また、毛穴が赤くポツポツとなって、痒みが出てしまうこともあるので、注意が必要です。

自己処理で気をつけたいこと

ムダ毛の自己処理は、できるだけお風呂場では行なわない方がよいです。
どうしてもお風呂場で行なう方は、シャワーを流して清潔を保つことを心がけましょう。
また、かみそりはできるだけ使い捨てにした方がよいでしょう。
もし何回も使う場合には、使用後はきちんとふいて、お風呂場には置かないようにして、しっかりと乾燥させましょう。
処理をする時には、石けんを使わずに、できれば女性専用のシェービングフォームを使うとよいでしょう。

脱毛エステやクリニックで脱毛をしてしまう

VIOの自己処理は、かみそりを使うと毛が少し伸びてきたときにチクチクと痛くなって不快な思いをします。
また、ムダ毛を剃ったり抜いたりすることによって、肌に痒みや痛みが出ることもあります。
そのため思い切ってプロにお任せするという人も増えています。
しかしVIO脱毛は、場所が場所だけに、恥ずかしくてとても行けないと思う方もいるかもしれません。

が、心配はご無用。

エステやクリニックでのVIO脱毛は、婦人科検診のような姿勢にはなりません。
クリニックでは洋服を着たまま、脱毛エステでは専用のワンピースに着替えて、専用の下着を身につけます。
脱毛を行なう時にはあお向けに寝て、脱毛する場所だけを出して、他の部分はバスタオルなどで隠してくれます。

Iの部分(デリケートゾーン)も、仰向けに寝て片方の脚を横に広げて脱毛を行なうので、慣れてしまえばそれほど恥ずかしさを感じることもありません。

エステとクリニックの脱毛の違い

エステとクリニックの脱毛には、大きな違いが3つあります。

脱毛の効果と通う期間

まずは、クリニックの脱毛は、出力の強い機器を使うので完全に永久脱毛になります。
一度施術を行なうと同じところから二度と毛が生えてくることがありません。
そのため、クリニックの脱毛は1年から1年半で終了します。

ところが、脱毛エステの機器はそれほど出力が強くないため、毛根を破壊することができずに、毛根を弱らせていく方法をとります。
そのため、満足できるくらいの脱毛が終わるまでに、クリニックよりも期間が長くかかってしまいます。

痛み

クリニックでの医療レーザー脱毛は、出力が強く確実に毛根を破壊するため、痛みが伴います。
さらに、デリケートゾーンは皮膚が弱いため、痛みは脇の下などよりも大きく感じてしまいます。
しかし病院なので、痛みに対しては麻酔を使ってもらえます。

激しい痛みは、我慢をしないで申し出をすれば、適切な対処をしてくれます。
一方、脱毛エステの光脱毛は、医療レーザーのように出力が強くないので、痛みを感じることは少ないでしょう。。

費用

クリニックでの医療レーザー脱毛は、脱毛サロンよりも高額にるケースが多いです。
ヘタをするとエステの10倍以上の費用がかかってしまうこともあるので、慎重に調べてから体験に行きましょう。

まとめ

VIOの処理はビキニライン

どうやら、VIOの処理はビキニラインだけを軽めに処理しておくとよいようです。
ただ、いかにもやりましたという程、処理をしなくてもよいようです。
目安としては、下着からはみ出さない程度にするとよいでしょう。
カミソリや毛抜きでの自己処理が続く方は、脱毛エステかクリニックでの永久脱毛を考えてもよいかもしれませんね。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30