見られていますよ。あなたのお肌、ドン引き肌ではないですか?ここでは汚いお肌をキレイなお肌にする価値ある情報をご紹介します。

menu

ドン引き肌 脱出大作戦!

VIO脱毛の服装や姿勢は恥ずかしい?VIO脱毛方法を知ろう!

VIO脱毛の服装や姿勢

少し前までは、水着になるときに心配だからという理由で VIO 脱毛を行なう方がいましたが、最近では少し違います。
VIO 脱毛も脇の脱毛と同じような感覚で希望する方が増えてきました。
そこで気になるのが、VIO脱毛時の体勢。

恥ずかしいスタイルで長時間耐えなければならないのか?
下着も履かずに行なうのか?
その点をしっかりとまとめてあります。
気になる人は読み進めてください。

VIO脱毛時の服装

VIO 脱法時の服装は、エステとクリニックでは異なります。

エステでのVIO 脱毛

ほとんどのエステでは、脱毛時は専用のワンピースに着替えます。
ワンピースはタオル地でできていて、ウエストが絞られていないストンとしたデザインのものです。
下着はつけず、エステ専用の紙ショーツを履きます。
紙のショーツは、施術料金に含まれているところと別料金のところがあるので注意しましょう。

クリニックの VIO 脱毛

クリニックでは着替えを行ないません。
着てきた服装のまま施術が始まるので、パンツスタイルで行くと脱がなければならなくなります。
できれば裾の拡がったスカートで行くことをおすすめします。
クリニックによって、紙のショーツを履くところと何も履かずに丸出しのところがあります。

部位脱毛時の格好(体勢・姿勢)

VIO 脱毛というと、出産時の格好や婦人科の検診の体勢を思い浮かべてはいませんか?
脱毛と出産は目的が全然違います。
出産や病気のために婦人科に行く時には、病気の部位をしっかりと検査する必要があるので、大事な部分を大きく開くことによって、検査や治療をしやすい状態にしなければなりません。

ところが、 VIO 脱毛は病気ではないので、基本的に脱毛する場所だけを出しておけば OK です。
VIO ラインの脱毛は、婦人科の椅子のようなものではなく、ベッドで横になって行なわれます。
脱毛部位以外の場所は、バスタオルで隠してくれるため安心です。

 V ライン脱毛時の姿勢

V ラインとは、一般的に言われているビキニラインのことです。
施術部分がお腹の下なので、脚を閉じたまま脱毛が行なわれます。
クリニックでは、紙のショーツやT字帯(幅の細いふんどしのようなもの)を使ったり、全くのノーパンのところもあります。

脱毛部位以外はバスタオルなどで隠してくれるので、慣れてしまえば恥ずかしさを感じることはなくなります。
脱毛を行なう時には、ショーツやバスタオルをずらしながら照射をしていきます。

Iライン脱毛時の姿勢

Iライン脱毛の時は、 V ライン脱毛よりも緊張します。
ベッドにあお向けに寝て、脱毛とは関係ないところはバスタオルで隠してくれます。
脱毛の時には、片足を、膝を横に曲げて広げていきます。

脱毛する部分だけを、ショーツやバスタオルをずらしながら照射するので、婦人科検診のように完全に丸出しになることはありません。

Oライン脱毛時の姿勢

Oライン、つまりおしりの穴周りの脱毛を行なう時には、いくつか姿勢のパターンがあります。
ベッドの上でうつ伏せに寝たり、四つんばいだったり、横向きになって脱毛を行なっていきます。
このうち、うつ伏せのパターンが一番多いようです。
脱毛以外の場所は、バスタオルで隠してくれます。

脱毛方法は、お尻の割れ目を広げながら行なわなければならないので、2人のスタッフで施術を行なうこともあります。
この場合は、1人がお尻を広げて、もう1人が照射を行なっていきます。
施術が1人の場合は、ひとりで広げながら照射を行なっていきます。

でも安心してください。
お尻周りは照射部分が少ないので、10分程度で終わります。
恥ずかしさを少し我慢すれば、すぐに終わります。

VIO脱毛の施術中は恥ずかしい?

VIO脱毛の施術中は

VIO脱毛は、どこのエステやクリニックでも女性が施術を行なうので、恥ずかしいという気持ちは捨てましょう。
スタッフは同じ施術をたくさんの方に対して行なっているので、脱毛自体には慣れています。
こちらが緊張していてもスタッフは何とも思っていないので、施術中は話をしながら過ごしていけば、あっという間に終わると思います。

むしろ、VIO脱毛は、皮膚がやわらかく痛みを強く感じる場所なので、恥ずかしいと言っている暇はないかもしれません。

V ラインの脱毛範囲

V ライン脱毛の施術の時は、脚をそろえたままあお向けになっているので、一番恥ずかしさを感じることなく脱毛できる部分です。
しかし、 V ライン、つまりビキニラインは思った以上に範囲が広いので、長時間同じ体勢をとり続けなければなりません。

アンダーヘアは、足のつけ根あたりまでの毛の事を言います。
足のつけ根を越えた部分は、膝上脱毛になります。
V ライン脱毛は、ほとんどの方が下着からはみ出さない程度の処理を希望しています。
エステやクリニックでは、下着からはみ出さない程度を、下着ぎりぎりのラインではなく、下着から2センチくらい内側までと判断して、その範囲を施術してくれます。

また、股上の浅いショーツを履いた時に、上からはみ出す部分も脱毛しておくと、どのようなデザインのショーツであっても心配なく履くことができます。

まとめ

VIOの脱毛は婦人科の検診

VIOの脱毛は、婦人科の検診と違って丸出しにはならないので、慣れてくれば恥ずかしさはなくなります。
施術前には緊張しますが、「こんなもの」「誰でもやっていること」と思えば、恥ずかしさも緊張感もなくなります。
2~3か月に1度、30分間だけ我慢をすればよいことなので、勇気を出して体験に行ってみましょう。
この先、ずっと楽になります。

関連記事

カテゴリー

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031